心の窓をノックしよう

静かな場所に1週間こもって
自分を見つめる時を持ちませんか
心の窓が開かれて
自分のほんとうの姿が
浮かび上がってくることでしょう
誰にでもできる
やさしい自己発見の方法です

自己の発見

自己の発見

ひとり静かに自己を見つめたい…。

このような思いをもっている人は多いことでしょう。しかし、仕事や勉強に追われて、そのような時をもてず、自己を見失いがちです。

思い切って人生の休暇を取って、自分の心の世界を探ってみませんか。 ここで紹介する内観法は、吉本伊信という方が開発したもので、静かな場所にこもって、誕生から現在までの自分の歴史をふりかえり、自己を発見する方法です。これは向上の意欲さえあれば、年齢に関係なく誰にでもできるものです。

ページの先頭へ

内観の方法

内観法は研修所に1週間宿泊して研修する集中内観と、日常生活での日常内観があります。

日常内観の一つに「記録内観」という方法があります。

集中内観の方法は、次の通りです。

1.楽な姿勢で座ります。屏風(びょうぶ)で囲むと、落ち着きます。

2.そして、母(または母親代わりの人)に対する自分を、

  • 1、世話になったこと
  • 2、して返したこと
  • 3、迷惑をかけたこと

の3点について、具体的な事実を調べます。

3.調べるのは年代順。小学校低学年、高学年、中学校時代……、というように年齢を区切って、現在まで調べます。

4.それがすめば、父、配偶者、子どもなど身近な人に対する自分を同様の観点から調べます。一通り終われば、母に戻ります。

5.1~2時間おきに、3~5分間の面接があります。 面接者「この時間、誰に対するいつごろの自分を調べてくださいましたか」 研修者「母に対する中学時代の自分を調べていました、お世話になったことは……。 して返したことは……。迷惑をかけたことは……。」 面接者「ありがとうございました。次はお母さんに対する高校時代の自分を調べてください」 このような面接が、1日7~8回あります。

6.内観には、その他「養育費の計算」や「嘘と盗み」というテーマもあります。

7.研修所では、音楽を合図に朝6時起床。洗顔と清掃の後、6時半から夜の9時まで、入浴とトイレの他は静かに座って内観します。食事は日に3度運ばれます

8.全館禁煙です。テレビやラジオの視聴、読書、他の人とのおしゃべりは厳禁。緊急の用事以外は電話もかけません。研修中は携帯電話を預からせていただきます。心の世界に集中できるように、外部からの刺激を最小限にするのです。

ページの先頭へ

内観の過程

個人差はありますが、1週間の内観の過程は3期に分けられます。

1期
初めのうちは足が痛いとか、思い出がぼんやりと浮かぶという状態。心身が内観の状況に適応できず、ちょっと苦しい時期です。やめたくなることもありますが、がんばって乗り越えてほしいものです。
2期
座ることにもなれて、次第に過去のことが鮮やかに思い出されてきます。今まで隠れていた自己の姿が見えてきて、つらくなる時もありますが、いろいろなことを発見する楽しみもあります。
3期
思いもよらない過去の記憶がよみがえり、自分のことがもっとよくわかってきます。気になっていた問題が解明され、これからの生き方のヒントが得られます。その結果、心が開放され、自由で、さわやかな気持ちになってきます。
ページの先頭へ

内観の効果

内観体験者を調査したところ、自己発見に成功した人たちには、次のような効果が表れています。

1.情緒が安定する。

2.思いやりが出てくる。

3.責任感が強くなる。

4.対人関係が好転する。

5.意欲が向上する。

6.本来の自己を取り戻して自分らしさを発揮したり、自己の新しい可能性に気がつき、実現への努力をする。あるいは人生の目的や使命を自覚する。

7.その結果として、人間関係の不和、非行、不登校、うつ状態、アルコール依存、心身症、ギャンブル依存などの心の問題が解決したり、症状が改善することがある。

8.残念ながら、1週間研修しても自己発見が進まない人もいます。しかし、それが肥料となって、次の研修で花開いたり、ずっと後になって効果が出てくることもありますから、長い目で見ることが必要です。

ページの先頭へ

人生と内観

1週間の内観で自己発見の方法を身につけたら、それを日常生活で実行しましょう。通勤や通学の車内で内観したり、就寝前に内観日記をつけるなど工夫して日常内観を続けていくと、新たな発見が生まれてきます。

集中内観ではうまくできなかった人が、日常内観で成功したという話も耳にします。
自己は思いのほか多面的で重層的です。そのため、日頃から自己の内面に目を向け、気がついたことをを行動に移す努力が大切です。そうすれば生涯を通じて自己は成長し、人生はもっと心豊かなものになることでしょう。

年齢は中学生から高齢者まで、職業は多彩で、内観しようという意欲のある人でしたらどなたでもできます。ただし、中学生や高校生は保護者同伴です。また成人の場合でも問題や症状によっては本人だけでなく家族も内観していただいたほうが効果的ですから、必要に応じてご家族の協力もお願いしています。

ページの先頭へ

「内観療法」や「建設的な生き方(CL)」に興味を持たれた皆様へ

これらに関する研修・セミナー・カウンセリングをお受けになると、
視野が広がり、心が軽くなって、
人生の悩みを解決する糸口が見えてくるかも……。

詳しくは、お電話でお問い合わせください。

電話番号:0742-48-2968