内観療法が成功した代表的な事例を紹介しましょう。

不登校だった内観者

中学2年生の京子(仮名)さんは、体調を崩し保健室登校をしていましたが、ついに不登校になってしまいました。スポーツを得意とする彼女になにが起きていたのでしょうか。

非行に走っていた内観者

(1)非行少年だった内観者・陽一さん(仮名)は、30年後どうなっていたでしょうか。
(2)家庭内暴力をしていた賢治さん(仮名・中学生)は1年ほど前からテレビのチャンネル争いなど些細なことに腹を立て、両親(とくに母親)を殴っていました。彼自身もコントロールできない攻撃衝動に苦しみ、内観をすることなりました。

摂食障害(過食や拒食)だった内観者

過食症で悩む会社員のさち子さん(仮名・20歳代)は、急激なダイエットの結果、2年前から過食症になり、通院したり、カウンセリングを試みたのですが、効果なく、問題は心の病なのではと気づきます。

人間関係(親子や夫婦間など)が不和だった内観者

家庭の人間関係の悩みで内観に来たOLの裕子さん(仮名)は、現在、デパートのお届け品の調査センターに勤めています。内観後、彼女はイキイキと働いています。

アルコールや薬物の依存症だった内観者

(1)英之さん(仮名、40代、会社員)は10年前にアルコール依存症と診断されました。症状を改善するため、様々な努力をしますが上手くいきません。アルコール依存症になった原因について考え、研修所で内観を行いました。
(2)寂しさのあまり薬物依存症になった美恵さん(仮名)は内観してどのような体験をしたでしょうか。

うつ病だった内観者

ビジネスマンも時には仕事や人間関係に疲れて、ノイローゼになることがあります。公治さん(仮名)は上司とのトラブルをきっかけに無気力になり、2か月前から出勤できなくなり、精神科医からすすめられて研修に来られました。

心身症だった内観者

13年間の下痢から救われた青年の事例です。彼の苦悩は内観によってどう解消されたのでしょうか?今では医師として活躍しています。

自己啓発が目的の内観者

心身ともに健康な中学教師・雄介さん(仮名・30歳) は、自己啓発のために内観を体験しました。教師として中堅で、まもなく結婚しようという時期でした。

ページの先頭へ